if太ブログ

資本主義疲れた。

「商売」と「ビジネス」の違い〜やりがいを感じない高給取りとやりがい搾取〜

自営業を4年間やってきた。実際は大学3年生からやってきたので、5年半くらいになる。この5年半で何度も葛藤が起こっていた。

 

 

「お金稼ぎたいけど、これはやりたいことではない」

みたいなもどかしさがずっとあった。でも、自営業なので

「金稼がなきゃいけない」

というジレンマにあった。

 

この答えは、ふと最近浮かんだのだが、「商売」と「ビジネス」を混同していたからなのではないかと思った。

もちろん、広辞苑ではどちらもそこまで意味は変わらない。ニュアンスだ。

 

僕の中で、

  • 商売:金儲けを目的とするもの
  • ビジネス:

 もちろん、商売が詐欺をしたり、人を不幸に貶めるものではない。だけど、商売人は儲かることを次々に転々として、自分のやりたいことではなく儲かることをする。

ビジネスマンは、世の中をよくするために、世の中にどんな価値を見出すかを考える。理念もある。金儲けが優先順位の第1位にこない人種。

 

そして、商売とビジネスを混同すると、かなり生きづらくなる。

稼げるかどうかは稼げることをするかどうか

f:id:ifta-phil:20210131130421p:plain

商売は簡単だというわけではない。だけど、1万円の稼ぎやすさって業界やジャンル、手法によって全く違う。

稼げるかどうかは、その人が優秀かどうかよりも、稼げることを良いタイミングでやるかどうかで決まったりする。

 

サラリーマンの給料も同様だ。金回りがいい業界で決まる。企業の規模で決まる。動く単価で決まる。

 

これを割り切らないから、辛くなってくる。スタートアップ企業で収入アップを必要以上に求めたり、大企業でやりがいを求めたり。

このチグハグした状態が苦しい。

 

やはり、金を稼ごうと思うと簡単に稼げることをやらなきゃいけない。

 

 

企業の価値よりも株価が低い時に、株を買っておく。別に下がっても問題なし。余剰金だから上がるまで待てばいい。

ある程度まとまって株を買うことができれば、年間でサラリーマンの年収くらいの収入をあげることも難しくないだろう。

 

今回株を換金してしまったのは僕の経験の無さからくるものだ。もっと長く持っておくべきだった。

企業価値などの計算は僕の尊敬する山口先生がわかりやすい。

企業の価値を見積もって、それ以下に株価がなっている時は買い。投資は稼ぐためでなく「資産の交換」という考え方も面白い。

 

こういう株に理念もクソもない。金が金を産むだけ。

サラリーマンも自分は「商売」か「ビジネス」か区別した方がいい

サラリーマンで働く上でも、働きながら悩んでいる人は、「商売」か「ビジネス」のどちらをやっているかを自分で理解した方がいい。

大企業の高給取りのサラリーマンがやりがいがなくて悩んでいたり、ベンチャー企業やスタートアップ企業で給料が低くて悩んでいたり。

 

商社やメガバンクのサラリーマンは完全に商売側。銀行は金貸し屋。商社はせどり。こういう大企業で働きながら、仕事のやりがいを求めるなんてちゃんちゃらおかしい。

ただ合理的に金を生み出すためだけの仕組みだ。そこの歯車となって高給をもらうと割り切ると良い。そうすれば、仕事終わりや休暇で思う存分やりたいことをやればいい。将来の不安もない。

 

一方で、スタートアップ企業で働くと、その会社ならではの理念だったり、想いがある。やりがいもあるだろう。だけど、大企業よりも給料が低くて悩む。

理念があるからこそ、その企業はなんでもできるわけではない。これをやれば売り上げが倍になるけど、できないこともある。

 

最近、マコなり社長が最近炎上している

youtu.be

これは「ビジネス」っぽく「商売」をしたからだ。「人生にサプライズを!」「人の人生が変わるきっかけになりたい!」「転職成功率99%!絶対やり切らせます!」っていいながら挫折者出しまくってたり、分割の金利高すぎたり。

UNCOMMONという情報商材を始めた。別に情報商材が悪いとは思わない。だけど、情報商材を売ることを必要以上に綺麗に見せすぎた。商売にいちいち大義名分をつけすぎなのだ

スタートアップで働くなら、給料をあげることを諦めた方がいい。少なくとも大企業と同水準でお金がもらえるなんてことはあり得ない。

いや、もちろん例外もあるが、とっとと自分で金だけ稼いだ方がいい。

ビジネスと商売を兼ねることはできる?

f:id:ifta-phil:20210131130114p:plain

できている人はいるだろう。だけど、どの企業も、どのスタートアップも、金のための労働をしているところは多い。

自社サービスが成長するまでの間は、受託開発をして仕事を請け負うことで持たせている企業も多い。

この塩梅が大事。

 

僕が自営業で辛かったのが、「商売」と「ビジネス」を割り切れなかったこと。そして、金儲けに理念を入れ込もうとしたのに、自分にあんまりこれっていう理念が見つからなかったこと。

 

この世界をよくしたいみたいな理念がないのだ。だったら、とりあえず商売をしていればいいのだが、商売に振り切れなかった。

 

ホリエモンでさえ、元々はホームページ制作でお金を生み出していたわけだし、いまだにメルマガが大きな収入になっている。両方とも完全に商売と言っていい。

 

一方で、理念のないことばっかりやっていてもなかなか幸福になれない

お金が手に入ったとしても、燃え尽き症候群になりがちだ。この2つがバッチリ重なって、理念もあるしお金も稼げるってのが理想。

 

でも、そんな状態はほとんどない。だから、僕は割り切って考えておこうと思っている。

現時点での僕の理想のバランス

会社でビジネス、副業で商売をする。自分で理念とか作り上げるのは難しい。最低限周りの人に貢献している感だけは感じていたい。

会社で順調にキャリアを積み上げて、その傍らで着々と商売をする。時流に乗る。うまく稼げることだけを淡々とやる。

 

今のところこれが理想。会社の給料が上がらないことに必要以上に不平不満を言わない。そもそも上がることを期待して入る場所じゃないから。

 

一方、副業に関しては理念よりも金儲け。いかに今この時期に金が一番入りやすいことは何かを考えて行動する。稼いだ金は投資に回す。トレードする。

 

 

人間関係の安定や楽しさと、転職して成長していく不安定さは両立しない。いろんな会社に転職してキャリアアップを目指すと、どんどん辛君ある。

 

だから、会社で楽しく働くためにも、会社に依存してはいけない。

最後に

やっぱり、僕は希少性のある人材になるとか、キャリアを積み上げていくとか、市場価値を高めるとか、本当に面倒臭いなって思う。

なんで、そんなことをしながら精神的にきついことをやらなきゃいけないんだろうって思ってしまう。

他人と比較して、自分の方ができる!みたいな勝負を吹っかけて。すごくつまらない。

 

副業で稼いで、会社で馬鹿にされても、鼻で笑うくらいがちょうどいい。

 アフィリエイトはこれがオススメ。結局どこまでいってもアフィリエイトって人の感情に寄り添うかどうか。キーワード選定に魔法なし。